株式会社シービーエム

Q27.

アルミには塗装できないと聞いたが、本当?

解答はこちら

A27.

アルミは表面に酸化皮膜を形成します。その酸化皮膜は緻密ですので塗膜の付着性が悪く、塗料のはく離といったリスクが伴います。塗装する際はステンレス面への塗装と同様に、素地調整としてアルミ面に付着しているごみ、ほこり、汚れ、油脂分などは入念に除去し、乾燥した清浄な面としておきます。さらに、サンドペーパーなどで表面がザラ付く程度まで入念に目粗ししておくことも必要です。下塗りとしては、変性エポキシ樹脂系のさび止め塗料を用い、中・上塗りにはウレタン樹脂系、シリコン樹脂系、あるいはフッ素樹脂系の塗料が選択できます。

塗料、防水材に関するお問い合わせはこちら