株式会社シービーエム

Q23.

「弱溶剤」とはなんですか?

解答はこちら

A23.

まず、「コンクリートの中性化」についてご説明します。コンクリート内部の鉄筋・鉄骨は、コンクリートのアルカリ成分によりさびを防いでいます。しかし、炭酸ガスの影響でコンクリート表層からアルカリ性は徐々に失われます。これを「コンクリートの中性化」と呼びます。コンクリートの中性化の結果、内部の鉄筋・鉄骨がさびることで、コンクリート自体の寿命が短くなります。「コンクリートの中性化防止」とは、コンクリートに塗装をおこなうことにより、美観とともに炭酸ガスの透過を抑制し、中性化を防止することをいいます。このように、定期的な塗装改修はコンクリートの劣化を防ぐ役割があります。

塗料、防水材に関するお問い合わせはこちら