株式会社シービーエム

Q07.

屋根塗装後の「縁切り」とはなんですか?

解答はこちら

A07.

スレート材で構成された屋根は、その傾斜にあわせてスレート材を重ねてふかれています。塗装過程では、スレート材の合わせ目に塗料が入り込み貼り付いた状態になります。その部位に小さな穴(ピンホール)ができていると、毛細管現象により雨水が逆流して水漏れの原因になります。この防止のため塗装後ナイフ・皮すきなどで詰り部の塗料を切ってピンホールをなくすことを「縁切り」といいます。

塗料、防水材に関するお問い合わせはこちら