株式会社シービーエム

Q29.

伸縮目地を撤去せず、ウレタン防水を塗布しました。どのような不具合が考えられますか?

解答はこちら

A29.

正解:亀裂(クラック)
アスファルトピッチの突き上げ、成型目地材の変形、目地の挙動・伸縮により、塗膜が破断します。
対策:伸縮目地の補修を確認して下さい。
■密着工法の場合→伸縮目地撤去後、丸バッカーを充填しウレタンシーリング材で仕上げる。
■通気・緩衝工法の場合→伸縮目地撤去後、丸バッカーを充填しウレタンモルタルで仕上げる。
※ウレタン:珪砂4~5号=1:5~6(比重比)
※伸縮目地上で通気・緩衝シートを突き合わせて貼らないでください。

(AGCポリマー建材(株) 原因と対策より抜粋)

塗料、防水材に関するお問い合わせはこちら