情報の提供

戸建て住宅窯業系サイディングに『SKパネルサーフ工法』

エスケー化研(株)の次世代型新製品

SKパネルサーフ工法

新工法が、劣化した戸建てサイディングの外壁を美しく蘇らせます。

SKパネルサーフ工法は劣化したサイディングボードを、シーラー機能と中塗り機能を兼ね備えた専用の微弾性サーフェーサーを用いることで、基材の表面強度、旧塗膜との密着性を高め、上塗り塗装後の美しい仕上を提供する窯業系サイディングボード塗り替え工法です。

 

SKパネルサーフ工法の特徴

幅広い付着適用性 一液架橋の特殊エポキシ樹脂が、サイディングの旧塗膜に対して強固に付着するため、各種サイディングの塗り替えに最適です。
可とう性 強靭な架橋塗膜は可とう性を有し、JIS A 6909の可とう性試験の性能を満足しています。
仕上り性 高い隠ぺい性、かぶり性は上塗りの滑らかさを際立たせ、美しい仕上を提供します。
防カビ・防藻性 上塗りだけでなく、下塗り(水性SDサーフエポ/マイルドSDサーフエポ)にも特殊設計を行うことで微生物汚染に対する抵抗性を発揮します。
塗装作業性 一液タイプで取扱いしやすく、良好なローラー、エアレス吹付作業適正を示します。
安全性 水性のため、火災や有機溶剤中毒の心配がなく、安心して使用できます。(水性SDサーフエポ)

 

エスケー化研の新工法「SKパネルサーフ工法」外壁のサイディングを蘇らせます。水性SDサーフエポは

        通常劣化の場合の塗り替えに!

 

エスケー化研の新工法「SKパネルサーフ工法」外壁のサイディングを蘇らせます。マイルドSDサーフエポは

        劣化の激しいサイディングの塗り替えに!

 

窯業系サイディングボード塗り替え専用サーフェーサー

「SKパネルサーフ工法」をお試しください。

 
エスケー化研の新工法「SKパネルサーフ工法」外壁のサイディングを蘇らせます。

↑より詳しい内容はこちらをクリック

塗料、防水材に関するお問い合わせはこちら