株式会社シービーエム

Q06.

塩ビシート防水の接着工法における、「ふくれ」の原因は?

解答はこちら

A06.

原因について
接着工法では、下地と防水層の間にある水分や溶剤が気化してふくれを発生させることがあります。その原因は以下のような状況が考えられます。
①コンクリートざせつから養生期間が短い為、水分が多く存在する場合。
②コンクリートスラブ下に打込まれた断熱材やデッキプレートなどで、下面から余剰水が蒸発しない為にスラブに水分が多く存在する。
③下地が吸水性の大きい骨材を用いたコンクリートの場合。
④材料の吸水性が大きく乾燥に日数を要する下地の場合。
⑤工程上、下地未乾燥のまま防水施工を余儀なくされた場合。
⑥防水施工中に降雨降雪があった場合。
⑦防水施工における接着作業のオープンタイムが短い場合や、下地の種類により溶剤を異常に吸込んでいる場合。

塗料、防水材に関するお問い合わせはこちら